キーワード検索
検索
ホーム
学校案内 -- サポート体制
学校案内SCHOOL INFO
サポート体制

一人ひとりの心と体の健康を支える充実した相談体制

心の専門家、臨床心理士のスクールカウンセラー。学校での生活を毎日見守り、一人ひとりの個性を理解する担任。スポーツ振興、健康増進の取り組みを推進する産学連携。これらがスクラムを組んで、多角的に皆さんを支えていきます。

教育相談

とことん本気で一緒に悩み、考える
教職員が生徒の成長を見守ります。

本校では、生徒と担任との二者面談、及び保護者を交えての三者面談を、年間各1回予定していますが、生徒、保護者から希望があれば、何度でも、きめ細やかな相談を受けることが出来ます。加えて、担任だけでなく、カウンセラーや養護教諭等による相談の機会も設けています。このように、進路相談はもちろん、一人ひとりの生活や心の状態、悩みに寄り添い、相談を受ける体制を整えています。困った時には一人で抱え込まず、先生方に話しかけてください。本校の教職員は、皆さんの学校生活の充実や将来に向けての心の成長を願い、とことん本気で一緒に考えていきます。
( 健康安全部 主任 山中 善美 )

産学連携(大塚製薬)



群馬県初、産学連携により
生徒の健康をサポート

平成29 年度、前橋育英高校は大塚製薬株式会社と群馬県内初、全国でも8例目となる「スポーツ振興及び健康増進に関する産学連携協定」を締結しました。これは本校におけるスポーツの振興、スポーツ活動中の熱中症事故防止、食生活改善による学力向上など、生徒の健康増進等を大塚製薬と連携して活動することを目的としています。これによりトップアスリートOB・OG による講演・実技指導、熱中症対策や栄養摂取の分野における専門的な取り組みなどを産学連携で行うことができ、生徒・保護者へのより充実した教育サービスの提供が可能となりました。
( 教頭 神山 義幸 )

カウンセリング

充実した高校生活のために
スクールカウンセラーがサポートします。

大人への準備期間である高校時代、時には立ち止まってじっくり自分の内面と向き合ったり、将来への漠然とした不安な気持ちを整理したり、という時間を持つことも大切です。スクールカウンセラーは生徒の皆さんが、充実した高校生活を送れるように、お話をじっくりと聴き、よりよい方向性を見つけるお手伝いをします。生徒を支える保護者の方の相談も受けつけています。
( 臨床心理士 小山田 佐和子 )

STUDENT'S VOICE

普通科Ⅳ類 スポーツ科学コース 3年 富沢 亜友(高崎塚沢中出身)

普通科Ⅳ類 スポーツ科学コース3年
富沢 亜友(高崎塚沢中出身)
私は現在女子サッカー部に所属し、全国制覇を目標に日々練習に励んでいます。高校卒業後は大学に進学したいと考えています。三者面談では先生からアドバイスを頂いたり、学部について教えてもら い、自分の進路をより具体的に考えられるようになりました。今後も先生との繋がりを大切にしていきたいです。


学校法人 群馬育英学園 前橋育英高等学校
〒371-0832 群馬県前橋市朝日が丘町13番地
TEL : 027-251-7087 FAX : 027-251-7094